メニュー

ホーム > コース紹介 > 速読コース

速読コース

  • 集中力がなく、始めても持続力がない
  • 単調な勉強は、すぐに飽きてしまう
  • もう少し上の学校に入学させたい
  • 模試や定期テストが時間内に終わらないことがある
  • 文章が頭に入ってこない
  • 読書が苦手

お子さまに当てはまることがあれば、速読がおすすめです。
「速読なんて、本が速く読めるようになるだけでしょ」と思う方がいるかもしれません。しかし、しっかりと速読法を学ぶことで読むスピードが上がるだけではなく、理解力・集中力を習得することが可能です。

それでも、「そんなの読書好きな人や特別な人だけが習得できるんでしょ?」と成果を疑う方がいるかもしれませんが、速読は誰もが持っている脳の「可塑性」と「汎化作用」を利用して行うトレーニングです。つまり、誰にでも習得することができる可能性があります。

可塑性とは…

外部からの刺激に脳が柔軟に適応できる性質のことを指します。速読トレーニングも、脳のこの可塑性を利用したものです。

汎化作用とは…

脳に1つの刺激を与えると、その刺激によってさまざまな連鎖反応を引き起こします。これを「汎化作用」といいます。
読むことに必要な「見る」という能力をアップする以外に「理解」「記憶」「感性」といった読書に関わる能力も「見る」という能力に追いついて処理能力を高めようとします。
また、「見る」という行為は視覚刺激が起こります。速読トレーニングは視覚刺激を通して大量の刺激を高速で脳に送ることで、脳が効果的に活性化し「可塑性」「汎化作用」を効果的に活用することが可能となるのです。

速読がもたらす効果

  • 読書が好きになる(読書量がアップすることで、知識が蓄積される)
  • 普段の勉強に役立つ(処理能力・理解力・集中力がアップする)
  • テスト・受験で役立つ(合格力がアップする)

右脳の活性化にも

右脳と左脳、それぞれ役目があります。左脳は「論理的・言語や数学を重視」、右脳は「クリエイティブで直感的。イメージや空間認知」などがあります。
速読トレーニングすることで、普通の読書ではあまり働かない右脳を左脳の同時に鍛えることができます。

速読は受験にも効果あり

当然ながら万全の体制で受験に望むには、受験当日までに「どれだけ知識を蓄積できたか」によります。そして、受験に「どれだけ余裕を持って臨むことができるか」です。どれだけ知識があり全問分かっていたとしても、緊張したり時間に余裕がない状態では意味がありません。速読の技術を身につけていれば、処理能力が高くなることで時間にも余裕を持つことができます。時間に余裕を持つことで精神的な余裕ができ、1点で明暗を分ける受験でケアレスミスを防ぎ、ライバルに差をつけることが可能となります。

トレーングは読むだけではありません

オートトレーニング…
読むスピードを高めます(いかに速く正確に読みとくか)
解くトレーニング…
内容を理解し把握する力を高めます。
脳力トレーニング…
速く読むために必要な能力を高めます。

トレーニングは履歴を確認することができるので自分の成長を客観的に見ることができ、常に目標を持ちながらトレーニングに励むことができます。また、トレーニングに登場するキャラクターも受講回数に応じて成長していくので、飽きることなくトレーニングを行うことができます。

定期的に速解力検定を行い、読書の速度だけでなくどれだけ内容を理解しているか読解力速度を計測します。数値化することで、自分の基礎能力を確認することができます。

認定読解速度のレベルに応じて段・級が取得可能

受験後には段・級認定証書と個人成績証書を発送します。その後の進学や就職に活用していただくことができます。
もちろん、個人成績表によって今後のトレーニングのアドバイスを行い、ご自身でも能力向上の目安としていただけます。

速読受講結果アンケート

速読について詳しくは 速読って?

ページの先頭へ戻る